上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
横山です。

札幌は4月並の寒さ+雨で庭の山桜はまだ咲いていますが
世間は運動会シーズンです。

そこで皆さんに
運動会直前
形成外科ミニミニ講座をお送りします。

タイトルは

「もしもお子さん(又は頑張りすぎたお父さん)が転んでヘッドスライディングしてしまったら。」


まずは完走するまで声援を送りましょう

次に満身創痍で帰ってきたらすぐに水道水で傷を良く洗ってください。

グラウンドの小石や砂で痛んだ皮膚の中に泥や砂が転んだ勢いで入り込んでいます。

浸みてイタイですが

がまんがまん

きれいなハンカチなどで少しこすり洗いをしても結構です。

その後は手持ちのもので傷を覆います。

キズパワーパッドなど新型の材料があればベストですが、
キズ用の軟膏とガーゼでもかまいません。
傷からの浸出液(つゆ)や出血が少なければ調理用のラップを貼っておくのも一手です。

ただし軟膏をケチるとあとで傷にくっついて困るので
たっぷりとお願いします。

最初の内は血や、傷からつゆが出てきます。
一日一回はシャワーで洗ってください。ぬらしても構いません。
ちょっと浸みますが石けんをつけて洗って結構です。

消毒は要りません。
水道水には細菌はいませんし、
多少いても運動会に出られるくらい元気な人には問題ありません。
それより傷を乾かしたりしないように気をつけてください。
傷から出てくる「つゆ」が傷を治す薬なのです。

これで土日をしのいで
月曜日の外来に見せに来てください。

要点は

良く洗う
乾かさない
消毒はいらない

です

それでは良い運動会を

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
2010.05.28 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。