上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ヨコヤマでございます。

札幌はくすぶった春からいきなり夏にワープした感じです。

DSCN1737.jpg
当院の裏山の緑も濃くなりました。
こならを主体とした森のようで、そう少ししたらクワガタとかがいそうです。
今度当直の時に仕掛けおいてみたいと思います。

一方賑やかだった蝉の声も一休みで、春とは違った鳥の声がします。
皆様紫外線対策は万全でしょうか?


さて

形成外科で夏に激増する手術

それはわきがの手術です。

前回お話ししたとおり
腋臭症は病気ではありませんが、
汗の量とにおいで日常生活に支障を来すことがあります。

原則はかいた汗がにおいを発する前に洗い流したり
体毛の処理をしたり
制汗剤(最近は効果の長く持続するクリームもあります)

で対策をするのですが


汗の量が多い
においが強い(またはにおいに敏感)
下着が黄色く変色する


等の症状があり、時間的に頻回に拭いたり制汗剤を塗ったりできない場合は

手術で改善することができます

原理は簡単で

皮膚からアポクリン腺を取り除いてしまいます。

しかし手術は原理ほどは簡単ではありません。

なぜならアポクリン腺は皮膚の下にあるので、
皮膚をできるだけ傷つけないようにきれいに除去するには工夫がいります。


具体的には

腋の毛の生えている部分の中央部に15ミリ程度の切開を皮膚のしわにそって入れます。
皮膚のしわに沿わせることによって傷跡を目立ちにくくします。

皮膚と皮下脂肪の間を止血しながらはがしていきます。
皮膚の裏に筋子よりちょっと小さいオレンジ色のつぶつぶが見えます。

これが目指すアポクリン腺です。

十分にはがせたら、指を入れて皮膚を
ひっくり返します。

そうするととるべきアポクリン腺が目の前に

あとは

よく切れるはさみでちょきちょきちょきちょき(以下略)

ちゃんと取れたら

皮膚を元に戻して縫合して薬を塗ってガーゼを当てて

おしまい。

です。

これだけですが、これにはいろんな問題点があります。

まず、切開の問題。

できれば切開なんてしないほうがいいに決まってます
そのために細い機械でアポクリン腺を切除したり、レーザーで焼いたりする方法があります。

でも

皮膚への血流は下からも来ていますから、
後で出血しないようによく見えた方が有利です。
またアポクリン腺はだいたい毛の生えているところにありますが、
それより外にある場合もあり
取り残しがないか十分確認するようにしています。

なので十分操作できる分だけ切開させてもらってます。

なぜ15ミリなのか?

それは

それより短いと私の指が入らないんです^_^; 

次に固定の問題

腋は胸と背中の筋肉の間にあってくぼんでいます。

皮膚をはがしてしまうと、浮き上がってしまいます。
そうするとその隙間に血がたまったり、
しわしわになってくっついたりしてしまいます。

なので血がたまらないように細い管を皮下に入れて外に出るようにします。
腋の皮膚が浮いてしまわないように密着させるようにガーゼで作った団子を腋に挟んで固定します。

固定の加減にコツがあって、下手するとテープ負けで水ぶくれができたりします。

さらに安静の問題

アポクリン腺を確実に取ると
皮膚は透けるくらいにぺらぺらになります。
皮膚にある太い血管はほとんど一緒になくなります
毛根もなくなります。(女性はむだ毛の処理が楽になりますが、男性では腋の毛が薄くなるのを気にする方もいます)
この状態でも4日くらいは大丈夫です。
その間に新しい血管が下から血液を運んでくれるようになります。

なのでその間はできるだけ患部を安静にして密着させる必要があります。

原則的には腋をしめて「小さな前ならえ」の状態でいてもらいます。
この状態で数日いてもらうのですが、かなり不便です
寝ている間どうなっているかもちょっと心配です。
自信のないひとには入院をおすすめしています。

たばこは血流が悪くなるので

絶対禁止

これだけは妥協できません。
たばこを吸っても大丈夫という医者がいたら
そいつは藪であると断言できます。

約1週間我慢できたら、だいたい平常の生活に戻れます。
妥協すると仕上がりという形で差が出てきます。

いろいろめんどくさいことをいいましたが、
すべて必要なことです。

長年の悩みを解消するのですから
時間とココロに余裕を持って臨んでいただけると
満足できる結果につながると思います。

言い忘れてましたが
健康保険適応です

日本はいい国だなあ(❍ʻ◡ʻ❍)

人気ブログランキングへ



 
スポンサーサイト
2010.06.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。